というわけで先日8/29(土)のC-1をふり返る。

いやあもうとにかくすさまじいライブだった。感想はその一語に尽きる。
まず今回はこれまでの第一回と第二回をふまえてメンツも人数も厳選したつもりだったが、正直今ひとつもの足りないかな?とギリギリまで危惧してたんだけど、これは本番が始まって完全に杞憂だったことにすぐ気づいた。
とにかく良い感じでバランスが取れてた。

本番前。なにやってるように見える?(笑)

まず本番前。くつろいでるんだけどどう見える(笑)




他では絶対に観られない超豪華(?)なメンバーでオープニング。濃いメンツでしょ?



魔法使い太郎ちゃん。魔法が妙に上達してたのが鼻につく(笑)当日出たいと言ってきた太郎ちゃん。前日にTELしてきたときには「ボクはもう売れるためにキ○ガイネタはやってませんから」なんて言ってたくせに、いざ楽屋に来たら「キ○ガイに触れたら出たくなりました!」だって(笑)桜冨士太じゃ直訴してくるだけじゃ出さないけど太郎ちゃんはウケてたし魔法も妙にウマくなってたから出して良かった(笑)
田口洋子。通訳として登場したヘルパーが実は強者!(笑)で次が脳性マヒ&性同一性障害の田口洋子だったんだけど、太郎ちゃんを出したのは田口洋子の前にワンクッション起きたかったからでもあったりする(笑)
でその田口は改めて映像で確認してもなにがオモシロいんだかさっぱり分かんないけど、とにかくウケてた!(笑)
私ホーキング青山。今回はマジで優勝狙ってたんだけどなあ……で私。しっかりウケてたんだけどなあ……(苦笑)



げんきいいぞうさんのネタはC-1には絶対に欠かせないそしてお次はげんきいいぞうさん。今回もキ○ガイネタの歌と危険すぎる時事ネタの歌で大爆笑。さすが!


脳性マヒブラザーズ。今回はかつてなくハマってたC-1のシンボル・脳性マヒブラザーズ。ショートコントは観れたもんじゃなかったが、今回は会場の雰囲気にハマりまくってた。なぜ?と思うくらいハマってた(笑)


グレート義太夫さんの漫談。このライブでトリはイヤガラセか(笑)トリはグレート義太夫さん。義太夫さんに出ていただくと締まるよなあ。



エンディング。お客さんの拍手で優勝を決めたが……やられた!(笑)でエンディングでお客さんの拍手で優勝を決めたんだけど、今回は圧倒的に脳性マヒブラザーズへの拍手が多く、もうほとんどこないだの民主党状態。
いやあ今回は三回目だしいい加減優勝しないとと思って一生懸命準備してたんで悔しいよー(苦笑)

でまあ"クレイジーNo.1"を決めるイベントだからオモシロいだけじゃダメだってのはもともとオレが言い出したことだけどさ、でも「なんでだよ!?」と思い改めて映像で確認したけど、きちんとネタをやってるのはオレと義太夫さんとげんきさんだけなんだよね(笑)脳ブラと田口はネタになってないんだもん(笑)
だけど前述したようにC-1は面白さを競うイベントじゃなくて"クレイジーNo.1"を決めるイベントだからオモシロいだけじゃだめなんだよね。今回はお客さんがそれをちゃんと分かってくれてた。で会場の雰囲気に一番ハマってたのが脳ブラなんだからアイツらが優勝で当たり前なんだよなあ(苦笑)

でもこのお客さんの反応は実はライブの最中から気がついてて、田口を観てお客さんが笑ってるのを袖で聞いて実はすごく嬉しかった。だって障害者だってだけで見てくれがヘンでも挙動不審でも訳分かんないこといってても笑わないってのは絶対おかしいでしょ。
だからずっとオレは障害者のネタをやってきてたんだけど、脳ブラをはじめて新潟で観たときこんなしゃべれないくせに漫才をやろうとしてるヤツを指差して笑わないってのは絶対差別だと思った。だからコイツらを指差して笑う、笑ってもいいっていう空間をどうしても作りたかった。
それでC-1を始めたんだけど、第一回では一緒に司会をやってたヤツが「みんな醜い姿でも生きてるって素晴らしい!」なんて言い出しちゃって一気にしょうもないただの偽善的な福祉イベントになりそうになっちゃってどうしようかと思ったんだけど、それでも第二回、第三回と重ねていくうちにお客さんが自然にイベントの趣旨を理解してくれてたようで、たとえキチガイでも「継続は力」なんだなあとつくづく思ったりもした(笑)
と同時に義太夫さんやげんきさんには、こんなメチャクチャなイベントに怒りもせずに付き合っていただいて、本当に心から感謝している。正直義太夫さんやげんきさんのような方がいなければイベントにならないし(笑)

とまあいろいろ書いたが、そうはいってもこんなヤツらに負けたことはどうしても許せないわけで(笑)、だからライブの最中に「今回もしコイツらに負けたら引退する!」って言ったんだけど、事情を知らない人から「ホントに辞めちゃうんですか!?」というメールが何通か来てた(笑)
まあ絶対にリベンジしてやろうかと思ってる。いっそアイツらのコント『桃太郎』を全部覚えて義太夫さんとやってやろうか(笑)

ともあれいらしてくださった皆さんのおかげで本当に良いライブになりました、ありがとうございました。

無事終了し、温かい気持ちを胸に打ち上げ会場へと向かったが、この後打ち上げはとんでもない展開となる。
以後、<打ち上げ編>に続く。