こないだの日曜日にやっててはじめて観た。っていうか厳密にはGWにやった追悼特集に続いて2回目……いやっ、もっと前にもチラッと観てなんかイヤですぐチャンネルを変えたこともあったから、実際には何回観てるのかよく分かんないのだが(苦笑)
アシュリーちゃんでこのアシュリーちゃんの存在は結構前から知ってたけど、まったく興味もなくこれまでずっと観ないでいたのに、「こんなツッコミどころ満載なヤツはいないから観て感想を聞かせて」という人として明らかにオカシい知り合いから勧められて渋々観た。
でさあ、「ツッコミどころ満載」っていうけどこの番組は結局本人がしゃべった言葉を訳したテロップとナレーションが鼻に付くだけで普通の子どもだよね(笑)
これは彼女をけなすわけじゃなくてむしろ擁護したいんだけど、彼女が病気の中で精一杯生きてるという事実はあって、そこに無理に感動させようとして翻訳のテロップとナレーションでいろいろ尾ひれをつけちゃってるのは、ちょっと観れば分かるよね(苦笑)
ただ赤ちゃんのころから病気が発症したときの顔の変化はもし彼女が日本人だったら『浦島太郎症候群』なんて病名になってたかも?(笑)と思ったのと、あと"病気と懸命に戦いながら、動物を愛する良い子"のわりには飼ってたナナフシを食っちゃった同じく飼ってる犬にさりげなく蹴りを入れてるシーンとお母さんが再婚するシーンでハゲ頭にそのままリボンを付けてたのは不覚にもは笑ってしまったが(笑)
それと、同じ病気のジョンという男の子と仲良くデートするシーンもあったんだけど、この番組を観ろって言ってきた友人が「この二人はこの日Hしたかなあ?(笑)」と聞いてきたので、とりあえず「二人の肉体年齢はすでに150歳ぐらいなんだよ!これははっきり言ってデートというより"老老介護"だよ。日本の長門裕之さんと南田洋子さんの夫婦の比じゃないんだから、そんなイヤらしいことは考えちゃダメ!」と叱ってやった(笑)

だけどよくこういう番組、まあ『24時間テレビ』が一番多いんだけど、こういう番組の悪口を言ってくれって頼まれるんだけど、番組や作ってる人が悪いんじゃなくって、これを観て感動する人が実際にいるんだから、もし悪口を言うんだったらそういう人たちのことを言った方がいいんじゃないの?と思う。
といっても別にオレは感動してる人を敵に回すつもりはないよ。
なんでかって?……だってさあ、こういう番組で感動してる人たちが結構オレのファンだったりするんだよね!(笑)
だけどこういう人たちはオレのネタを観てなにがオモシロいんだろう?正直いつも疑問に思ってる。まあ楽しんでくれてるならいいっちゃいいんだけど、でもやっぱりオレのなにを観に来てるのかは気になるなあ……(笑)
とりあえず今回のC-1は『24時間テレビ』の真裏だけど、今回はこっちに来てください(笑)

『スーパーC-1グランプリ2009』
日時:2009/8/29(土)PM5:30開場/6:00開演
出演:ホーキング青山、グレート義太夫、げんきいいぞう、脳性マヒブラザーズ、田口洋子
料金:前売1,500円/当日1,800円 全席自由  チケット発売中
会場:ミニホール新宿Fuー(JR新宿駅より徒歩8分・西武新宿駅より徒歩1分・都営地下鉄大江戸線新宿西口徒歩5分)
〒160-0021東京都新宿区歌舞伎町2-45-5新宿永谷ビル1F
TEL03-3232-1251
ご予約・お問い合わせ先:ホーキング青山プロモーション
TEL03-3752-8252/ticket@hawkingaoyama.com
お席には限りがあります。
完売次第、チケットの販売は締め切らせていただきますので、
チケットはお早めにお買い求めいただきますよう、お願い申し上げます。

"クレイジーNo.1"を決めるC-1が今年も帰ってきました!
主催のホーキング青山に加え、たけし軍団で「糖尿病漫談」のグレート義太夫、「お笑いカルトシンガー」げんきいいぞう、「しゃべれない漫才コンビ」脳性マヒブラザーズ、脳性マヒ+性同一性障害の日本一の不幸者「平成のヘレン・ケラー」田口洋子という、このライブでしかお目に掛かれない超豪華(?)なメンツによる真夏の祭典。
今回はそれぞれのネタばかりでなくトークもたっぷりやります!ぜひご期待ください。
もちろん漫談もたっぷりやります!『メジャー化計画』で進めている障害ネタからそうでないネタまであらゆるネタをしゃべりまくる"普遍的なしゃべりの確立"を目指します!
ぜひいらしてください。