酒井法子ネタに飽きてきてる皆さんに、一昨日のこのブログに書いた介護関係の友人から聞いた話しでオレがこれまで長い間やってきた"障害者の性"ネタが吹っ飛ぶようなヒドい話しを聞いたんで紹介する。

彼は今23歳なんだけど、その彼が小学校の5〜6年生のとき、当時彼が通ってた東北の小学校には知的障害者(要するに"足りない子"ね笑)だけのクラスの特殊学級があって、休み時間にその教室の前をなにげなく通りかかったら、自分と同じくらいの5〜6年生の男の子と女の子がいたらしいんだけど、突然男の子の方が女の子のズボンとパンツを下ろして自分のチ○ポを挿入し始めたというのだ!でこの二人のキ○ガイが人間とは思えないような奇声を発しながら腰振ってるんだって!!(笑) 
これ、メチャクチャな話しでしょ?(笑)AVだってこんなキ○ガイの小学生同士が教室で……なんてシチュエーションないよ(笑)
オレはこの彼の話しにあまりに驚いて「それ挿入はしてなくて、よく痴漢が電車でやるっていう自分のを外から擦りつけてただけじゃないの?」と聞いてみた。すると彼は「いやあたしかに挿入されてるチ○ポが見えたんですよー!……ただ、そのチ○ポの角度がア○ルに入ってたっぽいんですよねえ」だって(笑)もう完全にワケが分からない。
で教室内には先生は休み時間だからいなくて、生徒だけは他にも何人もいたらしいんだけど、これがみんな"足りない"から気づかないんだって(笑)この教育環境は悪すぎるだろう(笑)
文明に依存して生きている障害者にとって田舎は住みづらいってことだよなあ……なんてもっともらしいことを考えつつも興味は完全に挿入後その二人がどうなったかに行ってたが、続きを聞くと挿入後二人とも奇声を発しながら約5分ほどでイッたらしい(笑)でそのイク間際の男はすさまじい大声でなにかを叫んでたらしい(笑)

と話しはこれで終わりなのだが、「この二人はホントに挿入してたのか?」とか「女の子はイヤがってたのか?痛がってたのか?はたまた喜んでたのか?」等々、気になることはヤマほどある。
それにしても、この話しはこれまでいろんなヘルパーから聞いた話しの中でもぶっちぎりの面白さだったなあ。「真実は小説より奇なり」っていうけどさ、この話しを聞いたとき、オレのこれまでやってきた"障害者の性"ネタなんてもう完全に吹っ飛んだ(笑)当たり前だ、こんなメチャクチャな話し想像できっこない(苦笑)
それはそうと、彼とは知り合って3年以上になるのにこんな面白い話しを今日までしないとは、水くさいヤツだなあ(笑)
ちなみにこの後も彼からはこないだ田舎に帰った際に地元のストリップに行った話なんかも聞いたが、最初のキ○ガイカップルの話しのインパクトが強すぎて完全にかすんじゃった(笑)

で、これを聞いたのがちょうど「酒井法子に逮捕状が出た」というニュースが出たタイミングだったんだけど、オレの中では完全に酒井法子なんて吹っ飛んだもんなあ(笑)酒井法子がいつ捕まるかよりこのキ○ガイカップルがその後どうなったかの方が断然気になるもんな(笑)

でもさすがにC-1に出したいとは思わなかった(笑)当たり前だ。出して舞台でそんなことされたらただの"まな板ショー"になっちゃう(笑)しかもキ○ガイ同士の"まな板ショー"なんて誰が見たいかっつーの!!(笑)