免停がやっと終わった(笑)バイトくんと夕方から練馬へ。高田先生が落語を演られるというので行ってきた。

本日の演目昇々『雑俳』
慎太郎『壺算』
藤志楼『力士の春』
トークショー 藤志楼&桃太郎
桃太郎『春雨宿』

もうとにかく「高田先生はやっぱりすごい!」という一言に尽きる会だった。
マクラから時事ネタ、落語界ネタで一気に大爆笑の渦を起こす。
そして、「練馬の桃太郎の会で緩いんだから」とおっしゃりつつ昇太師匠の『力士の春』の朝青龍バージョン(!)へ。
ネタ自体も爆笑ネタの上にさらに藤志楼師匠が絶妙なクスグリを惜しげもなく入れていく。
大爆笑のうちにあっという間に終了。圧巻の高座だった。
練馬文化センターの小ホールは大きすぎず小さすぎず観やすいその後、仲入りを挟んでの桃太郎師匠とのトークも桃太郎師匠をいじりまくりながらしっかり桃太郎師匠の良さを引き出している。すごいよなあ。
トリネタの桃太郎師匠は生ではおそらく二回目なんだけど、この師匠のフラは他の誰もが持ち合わせてない桃太郎師匠だけの財産だよな。
で、その素晴らしさを見つける高田先生もまたすごい……って高田先生の話しばっかになっちゃう。
でもホントに高田先生のすごさをまざまざと思い知らされた会だった。

高田先生は一つひとつのフレーズは結構キツいことをおっしゃってるんだけど、絶対に聴いてる人を不快にさせないギリギリのところを絶妙に綱渡りしながらの高座だということが改めてよく分かる。
ただ毒づくことなんかやろうと思えば誰にでもできる。だけど、それでお客さんを大爆笑に誘うというのは刺激の強いフレーズを散りばめながらも絶対に不快にさせないようにする絶妙なさじ加減がわからないとできないんだよなあ。
高田先生の今日の高座はそんなギリギリの綱渡りを楽しんでる風にも見えた。
終演後、ご挨拶させていただいた際に「どうだ?名人芸だったろ!?やっぱあそこまで沸かせないとなあ!」と冗談めかしておっしゃってたが、オレにはこの先生の言葉を笑って伺うことができなかった。

もともと自分も毒舌キャラでやってきてたはずなのに、こんなことも分かってなかったのか?と今さらながら恥ずかしい。
でも"メジャー化計画"を掲げ、やっとそういうことが感じられるようにもなってきたということは、少しずつかもしれないが前に進んでいるということなのかなあと思うが、今さらながらもっと前から頑張っときゃ良かったとついつい思ってしまう(苦笑)
もっともっと頑張ろう!と思った夜。