今日も終日ライブの準備と落語の稽古。

で、遅ればせながら久々に紅白を見たので感想など。
今回は鶴瓶師匠が司会ということで久々にDVDに録画して観たけど、鶴瓶師匠が師匠のカラーをうまく出されてる感じで、特に歌手の楽屋に行くなんて師匠らしくて非常に良かったと思うけど。
ところで紅白ってそもそも昔から面白かったんだろうか?昔は大した裏番組が無く、主要な歌手がほとんど出てる「歌手のお祭り」だったからみんな観てたわけで、裏番組でもいろいろ良いのが出てきて、外では「カウントダウンイベント」なんかがガンガンやってる中で、わざわざ紅白を観る必要は無いってもんだろう。視聴率なんてだからまだ高い方なんじゃないの?K-1とかとどっこいどっこいの視聴率でちょうど良いじゃん。歌か格闘技かで皆がテキトーに選ぶ、そんもんだと思う。
ちなみに紅白の裏でやってた談志師匠と陣平さんの番組も録って観たけど、家元の落語が観られるのは贅沢だよな。
これは紅白について毎年言われてることだけど、なんでこの歌手が出てるのか?っていう出場基準がまったく観てる側には分からなかったり、巻き巻きの進行でバタバタ過ぎて落ち着いて楽しみにくい、とかいろいろあるけど、番組自体はあまり期待しないで観てたらそれなりに楽しめることは発見できたかな。
でもオレは鶴瓶師匠にはお世話にもなってるし尊敬もしてるから冷静には観られてないんだろうけど、鶴瓶師匠の司会って良かったと思うけどどうなのかなあ?みんながどう観たのか?すごく興味がある。

でオレは紅白の生放送の最中、横浜にぎわい座のカウントダウンイベントに行ってたんだけど、今回の紅白はこれまでと違って「同業者」の鶴瓶師匠が司会ということで皆がどんな風にネタにするか注目してたが、皆が紅白の裏ということでお決まりの紅白の悪口をネタに挟む中、志の輔師匠だけは鶴瓶師匠が司会ということで悪くは一切言わず、鶴瓶師匠にエールすら送ってた。この感覚がスマートだよな。些細なことのようだけと、この違いは深い気がする。うまく言えないけど。