日中疲れがひどく、仕事にならない。

なんだんだして夕方から府中へ小朝師匠の落語会へ。
夕方の混んでる環八をひたすら寝て行く。結果開演ギリギリに到着。寝起きでボーッとしながら会場へ。

演目。実に良いラインナップ!木久蔵『竹の水仙』
小朝『七段目』
いっ平『黄金餅』
小朝『扇の的』

先日の正蔵師匠の会といい、今日の小朝師匠の会といい出演者も演目もすごく豪華で良い。
小朝師匠以外が襲名で今巷をにぎわせてる両師匠(笑)というのは狙って行ってないから余計に得した気分になる。
若き両師匠ともすごく意欲的に各ネタに取り組まれてるのがよく分かる。
小朝師匠は十八番ネタ二席で時事ネタもふんだんに盛り込みながら大爆笑の高座。特に『扇の的』はオレが今取り組んでる『紀州』同様地噺であり、『扇の的』と『紀州』は同じ地噺といってもかなり異なるが、非常に興味深く拝聴した。
ちなみに小朝師匠は枕でいっ平さんの「三平」襲名の経緯までおっしゃってた。

帰宅後、少しだけ事務仕事。
ゆっくり寝たいのだが、なかなか寝つけないし、寝た後も途中で何度も目が覚めちゃうからなかなか寝不足が解消できない。今日こそは!……って意気込んじゃ返って逆効果なんでとりあえず成り行きに任せたいと思います(苦笑)