日中と深夜は事務仕事。ちょっとたまっててヤバい……。
夜スタッフが来て事務作業&打ち合わせ。ムダ話が多すぎ。途中でくたびれた。

そうこうしつつ、ネタ拾いがてら最近のニュースに目を向けると、柳沢厚労相の「女性は産む機械」発言が問題になってる。でも別に本当に問題視してるわけじゃなく、ただ政争の具にしてるだけなのに、また『言葉』がターゲットにされてる。
メクラという語源はもともと「目が見えない」というと失礼だというところから「"目が見えない"んじゃなくて目が暗い」というところからできた言葉だという。それがいつの間にかメクラは差別用語になってる。「女性は産む機械」という言葉にそんなご大層な意味などあるわけないが、それほど皆が騒ぐほど差別的な意味合いでは言ってないんだし、もうちょっと良い意味で言葉それ自体には寛容になっても良いんじゃないかと思う。それによってその言葉を使った背景や本質にもっともっと迫れるんじゃないかと思う。オレ自身が言葉を生業にしてるからすごく感じるんだと思うけどさ。
メクラより今の女子高生あたりが使ってるギャル語なんかを規制した方がよっぽどマシな世の中になると思うけどなあ。