というわけで、鶴瓶師匠観たさに二日間大阪へ。師匠の高座を二日連続で拝見するのは初ですごく楽しみ!

午前中準備を済ませ、昼過ぎに家を出て品川へ。スタッフと合流し、PM3時ちょっと前の新幹線で大阪へ。新大阪から地下鉄を乗り継いで布施へ。小屋は布施から近いって聞いてたけど土地勘が無く迷い、会に10分ほど送れてしまった。
大阪初日。ここの小屋はアットホームな雰囲気でなかなか良いちょうど鶴瓶師匠のお弟子さんの銀瓶さんの高座中で、主催者に鶴瓶師匠にご挨拶させていただきたい旨を伝えると「終演後は師匠がお忙しいようなので」とのことで急きょこのタイミングでご挨拶に伺う。本番前で恐縮したが、ご挨拶させていただき、師匠が好物と以前『パペポTV』で言われてた「ぼんち揚げ」を差し入れ。
その後すぐ客席に着くとほどなく師匠の出番。いつもの鶴瓶噺で大爆笑を取り、十二分に暖めておいて『厩火事』。軽妙なテンポが実に心地良い。
これまで鶴瓶師匠の高座はたびたび拝見してるが、ホール落語での大ネタばかりでこういう普通の空間で聴くのははじめてだったことにここでふと気づく。ホール落語での大ネタも良いけど、こういう空間はまたなんとも良い。師匠も良い意味で力を抜いてるのがよく分かる。しかも小屋が高座と客席がすごく近く、せり具合もちょうど良く、実にアットホームな良い雰囲気。今日もたっぷり堪能させていただいた。
トリはこの会の主催者の露の都さん。この方は東京での鶴瓶師匠の落語会に出られたときに一度拝見して以来二回目。今日もオバハントークで場内大爆笑だった。
終演後小屋の下の階のレストランで夕飯。その後ホテルに行き、AM0時過ぎには就寝。疲れがたまってて爆睡。