朝7:30にスタッフの木村が来て、天気が悪く飛行機に影響が出たらと心配しながら羽田へ。羽田ではこっちの心配をよそに、予約したときにひととおりのことを伝えてたにも関わらず、ANAで今いち状況が把握されてなくてギリギリの搭乗になる。なんとか間に合い一安心。その後機中では、生まれてから二度目の飛行機でひとり浮かれてる木村をシカトし爆睡。

「着きましたよ」と木村に起こされ、時間を確認すると「PM12:45です」と。予定より1時間以上も遅れてる。「どうなってるの?」と聞くと、なんでも空港に着陸できずにしばらく旋回してたらしい。だって講演開始は1:30なんだもん。空港から車で10分ほどみたいだから急いでギリギリだ。これはマズい!
講演会告知のポスター。学祭らしくて良い。すぐに主催者と合流。主催者の学生さんはとても気を回してくれる方で、「飛行機の影響で遅れたんだから開演を遅らせましょう」と言ってくれた。だがそれだけはしたくない。待つ方の身になったら自分たちになんの非があるわけでもなく待たされるのである。当然次の予定のある人もいるだろう。そういう人はオレの話の途中で帰ることになる。それじゃああまりにしのびない。だからとりあえずちょっと狭かったんだけど無理やりタクシーに乗り込んで急いで向かった。
1:15ぐらいに会場に到着し、すぐに木村にセッティングしてもらい、1:30なんとか予定通りに開演となった。

山口大医学部学祭で講演講演会は90分大いに盛り上げて無事終了。その後の質疑応答で老人ホームで働いてるという人からの質問が出たので、木村を舞台に上げちょっとだけ二人で絡んだ。
木村が徐々に自信をつけはじめてるみたい。これは今の木村には一番良いことだと思ってる。前回の『こわれ者の祭典』の限定された客層出ない普通のお客さんの前ではキッチリ笑いも取れてた。

終了後、主催者の医学部の方々とその後、主催者にお願いして予定よりちょっと早めにタクシーを手配していただき、一路空港へ。
往復とも同じタクシーだったんだけど、このタクシーの運転手さんはこれまでかなりご苦労されてきたそうで、とても気さくな感じの良い方だった。空港に到着後お土産までいただいてしまったが、タクシーの運転手さんからお土産をいただいたことなんてこれまでさんざんあちこち行ってきたが、はじめてですごく驚いた。ありがとうございました!また次に山口に伺う際には必ずご指名させていただきます!!

空港では搭乗まで時間があったので、レストランに入り今日初めての食事。今日も木村はよく食ってた(苦笑)

7:30の飛行機に乗る。機中で再び爆睡。到着後目覚めると、荷物で預けてる車いすが来るまで時間があり、機内でANAの人と雑談。前から言ってることだけど、やっぱりなんだかんだと言ってもANAが一番良い。詳しくはまたいずれ書こうと思うけど、JALの使えなさといったらホントにヒドい。

ほどなく車いすが来て10:00過ぎに帰宅。
その後木村と打ち合わせ等してAM1:00過ぎに解散。
その後5:00過ぎまで事務仕事。

忙しくでも楽しく働いております(笑)