終日事務仕事。
途中、夕方行政関係の人に来てもらって、先月ぐらいからずっと困ってるヘルパーの件であれこれ相談。相談のつもりが気がついたら対策会議になってた(笑)。

で、打ち合わせが一段落してお茶を飲みながら雑談してたんだけど、突然「こないだ長野に行かれましたよね」と言われた。まあこのブログでも見てたのかなあと思って「ええ。でもよくご存知でしたね」と返すと、なぜかちょっと照れながら「ワタシ実はエクササイズをやってて、その授業のときにインストラクターの先生が『皆さんホーキング・青山って人知ってます?お笑い芸人で、ボクはスタッフになっちゃったんで明日の長野の営業に一緒に行くんですよ!』と言って、エクササイズに来たオバサンたちの笑いを取ってたというのだ!!なんとまあ世間の狭いこと!いやあ驚いた。
オレはかねてからこの仕事というのはやってればどこかで誰かが必ず見てくれる、そのことをもっとも信じることができる仕事だと思ってる。
だけどさあ、これじゃあ「どこかで誰かが必ず見てくれてる」どころか「どこで誰に見られてるか分かりゃしない」ってもんだ。なんだかものすごく気恥ずかしくなっちゃった(苦笑)。

ちなみにこのインストラクターをしてたスタッフは「自称・自閉症」。